幼児の英語教室にネイティブ講師は必要か?

週1回の英語教室に通っている子どもの英語力はどのくらい伸びるのでしょうか?

native2

World Englishesって何?

幼児をもつ親の多くは、子どもの頃から英語に慣れ親しんでもらって将来的にネイティブと同じような発音の英語力を身に付けてほしいと思っている人が多いようです。だから、「英語を習うなら絶対にネイティブの先生!」というこだわりもあるようですね。しかし、幼児が週1回だけネイティブの先生に習って、ネイティブのような発音になるのでしょうか?結論を先に言いますと週1回ではとても無理です。言葉を獲得していく時期に母語である日本語の影響のほうがとても大きいからです。

子どもがネイティブの先生と出会うことで、外国への興味、異文化に対する関心などが生まれる良い影響もありますが、英語の言語習得の面からみれば、週1回だけネイティブの先生から習っていても、ネイティブの発音になるということは難しいです。大事なのは、ネイティブの発音と、日本人の発音を聞き分ける耳が育てばいいのです。日本に住んでいて日本人の英語の発音を聞かないということはありませんね。

おうちの人もどんどん英語を使っていい!

幼児をもつ親からの質問がよく私のところへ届きますが、下記のことをいつも聞かれます。

「絵本の読み聞かせをしたいけど、自分(お母さん)の英語の発音が悪いから、子どもに聞かせてもいいのかどうか不安。ネイティブの発音を聞かせるほうがいいでしょうか?」

回答としては、「お母さんが読む英語も英語です!」となります。だから、どんどん読み聞かせても大丈夫。絵本を読む時間は子どもと大事なコミュニケーションの時間です。発音のことを気にして、お母さんが読み聞かせをしないなんてもったいないです。子どもの耳はしっかり音を聞き分けています。絵本のCDには効果音、歌とリズムも入っていますので、楽しくCDを聞いてネイティブな英語を何度も聞くことができます。子どもの聞く力はすごいですよ。親の話す英語とネイティブな英語の違いをはっきり指摘しますから。これは、子どもだからこその素晴らしい能力ですね。

ネイティブのような発音をさせたければ、要は、おうちで毎日、ネイティブな英語を聞かせてあげればいいのです。英語は習うより慣れろです。特に幼児にとって英語は聞けば聞くほどリズム習得ができていきます。だからできれば毎日聞くのがベストです。無理なくネイティブな発音を習得できるのは10~12歳まで。それ以後はかなり努力をしないといけません。

英語教室は、週1回通って学ぶ習慣を付けるところであり、覚えた英語を実際に使ってみるところと考えましょう。教える人が日本人講師でも、ネイティブ講師でも英語学習成果はほとんど変わりません。