ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの人気レストラン、スーパーツリー バイ インドシン

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

近未来的なガーデンズ・バイ・ザ・ベイの夜景。一番高いスーパーツリー(写真でピンクにライトアップされているもの)のトップにレストランがある

2012年6月にシンガポールのマリーナ地区に誕生した、シンガポール最大の植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。そのシンボル的存在なのが、ニョキニョキそびえたつ18本の「スーパーツリー」。熱帯雨林の優勢樹種を模した高層庭園なのですが、まるでSFのようなユニークな景観を作り出しています。

18本のうち最も高いスーパーツリーは高さ50メートル。そのてっぺんにあるのが、レストラン「SuperTree by IndoChine(スーパーツリー バイ インドシン)」です。同店を手がけるのは、シンガポールを中心に店舗を展開しているインドシングループ。店によって内装はちがいますが、どこもスタイリッシュなエキゾチックテイスト。クラーク・キーやクラブストリートにもお店がありますが、今行くなら、やはりスーパーツリーがイチオシです。

オシャレでエキゾチックな内観、実はエコフレンドリー

スーパーツリー バイ インドシン

仏像なども置かれ、エキゾチックなムードが漂う店内。非日常感たっぷり!

SuperTree by IndoChine

ルーフトップバー

スーパーツリーの真ん中にあるエレベーターで店内へとあがります。フロアは、屋外のルーフトップバー、エアコンの効いた室内ラウンジの2スペース構成。360度、どこの景色も楽しめます。あの有名ホテル、マリーナ・ベイ・サンズを裏側から眺めるのも新鮮ですよ。

しかも、単にオシャレなだけでなく、エコフレンドリーなの設計も特長。内観などの素材には樹木ではなくもみ殻やリサイクルプラスチックを使っているほか、エアコンの温風を熱交換システムに利用するなど、可能な限り環境に配慮しています。

 

栄養バランスにすぐれた身体にやさしい料理

Crispy Lychee With Kurobuta Pork & Bacon

黒豚のロインとベーコンでライチを包み、パン粉をつけて揚げ、トビッコとマヨネーズをトッピング(22シンガポールドル)

Tempura

刺身や天ぷらのような和テイストのメニューも。天ぷら盛り合わせ(野菜12ドル、きのこ16ドル)。軽くてサクサクした衣に感激!

料理は、ラオス・ベトナム・カンボジアなどのインドシナ料理と西洋料理。伝統的な各国料理というよりは、オシャレなフュージョン系。料理の味の決め手となるスパイスは各国から輸入するなど、食材にもこだわっています。

味はもちろん栄養バランスにも配慮しているのが特長で、新鮮な野菜やハーブを使ったメニューが多く、繊維質や必須ミネラルがたっぷり。料理の面でもエコフレンドリーを重んじ、フカヒレやキャビアといった食材は使っていません。

とはいえ、実際にサーブされる料理はそんなことを感じさせないリッチな味わい。たとえば、定番のチキンのグリルもレモングラスで香り豊かに仕上げてあり、ハーブ使いが巧みな特製チャーハンはゴハンのパラパラ具合が絶妙。お酒と一緒につまみたいタパスメニューも豊富で、ベジタリアンやヴィーガン対応メニューも充実しています。

進化の真っただ中にあるシンガポールの最先端、マリーナ地区の夜景を眺めながらの食事。雰囲気はもちろん、料理にも満足できるシンガポールらしい一軒です。

 

<DATA>
SuperTree by IndoChine (スーパーツリー バイ インドシン)
住所:18 Marina Gardens Drive Gardens by the Bay
TEL:6694-8489
営業時間:日~木曜10:00~25:00、金・土曜10:00~15:00
予算:90~100シンガポールドル
アクセス:MRTベイフロント駅から徒歩5分(ガーデン・バイ・ザ・ベイ内)

※1シンガポールドル=約80円(2013.4)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。