事前に加入する海外旅行保険とクレジットカード付帯の保険の違い

ごく簡単に言うと、「事前に加入する海外旅行保険は加入手続きが必要であり、保険料もかかるが、手厚い補償を選ぶことができる。クレジットカードに付帯されている保険は補償内容がやや見劣りし、補償が受けられる条件が付くこともあるが、改めて加入手続きをする必要なく、保険料の負担もない」と言えます。

海外旅行保険加入のメリット・デメリット

海外旅行の前に、ご自身で海外旅行保険を選んで加入するメリットは次の通りです。
  • 海外旅行の内容(人数、目的など)に合わせて、必要な補償内容を選んで加入することができる
  • 補償される金額を自分で決めることができ、補償を手厚くすることも可能
デメリットとしては次の点が考えられます。
  • 加入手続き(書類の記入等)が必要になる
  • 保険料の支払いを別途行わなければならない

クレジットカード付帯の保険、注意点とは?

クレジットカードに付帯されている保険を利用すれば、事前の手続きは必要がありませんし、別途保険料を支払う必要もありません。ただし、クレジットカードの付帯保険は自分で補償内容を選ぶことができません。また、次の点には注意する必要があります。
  • 補償される期間が一定の範囲内(おおむね日本出国後90日以内)と決められている
  • 自動付帯と利用付帯(※)のいずれかを、事前に確認する必要がある
(※)自動付帯とは無条件で補償が受けられるもの、利用付帯とは旅行費用などをカードで支払った場合に、保険が適用されるというもの。

海外旅行保険に無保険で行くのはリスクが高い!

海外旅行の前に十分な時間がある人や十分な安心を得たい人は、ぜひともご自身で海外旅行保険に加入することをお勧めします。とはいえ、クレジットカードに付帯されている保険は、保険料を別途支払う必要がないという点がメリットです。時間があるときにクレジットカード付帯保険の補償内容を確認した上で、足りない部分を海外旅行保険に加入することで補うという方法もあるでしょう。

海外でかかった治療費などが、1枚のクレジットカード付帯保険で賄えないほど高額になった場合は、複数のクレジットカードの保険を利用して、補償を受けることも可能です。ご自身が受けることのできる補償について事前に確認しておきましょう。

海外旅行に無保険ででかけることはリスクが高すぎます。急ぎの出張・旅行に備えて、クレジットカードの付帯保険が利用できる条件を確認しておくことや、旅行当日の申し込みができる海外旅行保険をあらかじめ調べておく、ということも大事です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。