遺跡が点在しているので、ツアーでの見学がGood

 

 アユタヤの仏像

 

 マハー・タート寺院の木の根から浮き出した仏像


1350年から417年間続いたアユタヤ王国。タイの首都バンコクから北へ約80キロのところにあるアユタヤには今もなお、多くの遺跡が眠り続けています。

アユタヤ王国は、17世紀には日本を含め、多くの諸外国と外交関係を結ぶほどの国際都市へと発展しましたが、度重なるビルマとの戦いを経て、1767年、王国は欠落してしまいます。ビルマ軍によって建造物の多くは徹底的に破壊されてしまいました。

腕と顔をもぎ取られた仏像は、その激しい戦いを静かに物語ります。マハー・タート寺院の木の根から浮き出した仏像は、戦いのときに隠された仏像の頭部が、根の成長と共に時を経て顔を出したものです。

アユタヤの遺跡が点在しているので、ツアーでの見学がベターです。首都バンコクの賑やかさとは裏腹に、アユタヤは静かに時を刻み続けています。

<DATA>
■ツアー名:世界文化遺産アユタヤ
主催旅行社:パンダトラベル(株)
料金:大人 1400バーツ/子供(2~11歳) 1000バーツ
所要時間:7:30~13:00
催行日:毎日
最少催行人員:1名
出発場所:バンコク市内のホテルピックアップ
ホームページ:世界文化遺産アユタヤ
備考:昼食は料金に含まれません

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。