タイ一番の高級茶葉が楽しめる「ドイ・メーサロン」

 

 ドイ・メーサロンはタイで一番の高級茶葉の産地。見事な茶畑が広がる


北部タイのミャンマー国境エリアに、中国国民党の残党が作った美しい町ドイ・メーサロンがあります。周囲には山岳民族の村が点在し、ドイ・メーサロンの前後に訪れることも可能。チェンライからのガイドつき半日ツアーがオススメです。

チェンライの町から1時間ほど車を走らせると、のどかな風景が広がります。最初に訪れたのは、アカ族の村。ニワトリや豚など、家畜として飼っている動物があちこちを歩いており、民族衣装に身を包んだ女性たちがお土産を売っています。

そこからしばらく車を走らせると、このツアーのハイライト、ドイ・メーサロンの町に到着。町には大きなリゾートホテルもあるので、日程が許せば宿泊してみるのもいいですね。

ドイ・メーサロンはタイで一番の高級茶葉の産地としても有名。町の中心を少し外れると、見事な茶畑が広がります。町にはたくさんのお茶屋さんがあり、さまざまな種類の茶葉を試飲させてくれます。私はいろいろ試飲させてもらった結果、人参茶とお米のお茶を買いました。

 

 ドイ・メーサロンの風景


住民のほとんどが山岳民族と中国から来た人々なので、町にはあちこちに中国語の表示があるなど、どこか不思議な雰囲気。美味しい中華料理店やスイーツのお店、屋外マーケットなども楽しめます。

帰りは再び山岳民族の村に立ち寄ってから、チェンライの町に帰ります。国境近くに住んでいる人々や、山岳民族の人々の暮らしを肌で感じる貴重な体験になりました。「ひと味変わった思い出が作りたい」という人におすすめです!


<DATA>
取扱会社:ゴールデントライアングルツアーズ(英語)

※私はチェンライの宿に併設している旅行代理店で申し込みました。チェンライの町中にも数件の旅行代理店があり、そこでも申し込みが可能です。

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。