ロシア式の建物が立ち並ぶ全長500mの通り

 

 

大連の団結街、中国式の建物が立ち並ぶ周囲の街並みとは一風変わった街並みがここにあります。旧ロシア人街としてその名が知られる、多くの観光客に有名なスポット。
19~20世紀にかけてロシア租借地であった歴史を感じさせるロシア式の建物が、通りを囲むように立ち並んでいます。このエリア一体とともに、まるでロシアにタイムスリップしたように感じさせる場所です。

全長500mと歩けばあっという間に通りすぎそうな距離。
しかし、通りの両サイドにはところせましとロシアの民芸品がズラリ。
「ウシャーンカ」とよばれる毛皮製のロシア帽、人形の中から人形がでてくるでおなじみのマトリョーシカ人形、ビアマグ……。お店の中もあわせてブラリと歩けば、30分程度の小観光が楽しめます。

近隣のスポット、大連駅、中山公園からは徒歩で20分程度。
ビジネスやツアーなどで自由時間をとれない方、この付近で宿をとられる方には特におすすめです。この周辺は、日本人もよく利用される著名なホテルが密集しているエリアでもあります。

非常に雰囲気がある静かな街並みですので、ぜひ足を運んでみられてはいかがでしょうか。

■旧ロシア人街(大連ロシア風情一条街)
住所:大連市西岡区団結街
アクセス:大連駅から徒歩約20分
HP:http://www.51766.com/channel/intro/dlelsfqj(中国語)

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。