一口に自動車保険といっても、「自分の身体、搭乗者の身体、自分の車」などのためにある補償型の保険と「相手の身体、相手の車や家屋」などの損害について支払う賠償型の保険に分かれています。それぞれ、自然災害との関わりを考えてみます。

Q.台風や大雪、洪水や高潮で車が壊れてしまった!
保険で修理できる?

屋外を走る自動車は自然災害の影響をモロに受けてしまいます。保険で補償されるのか、されないのか、それだけでも知っておきたいところです

屋外を走る自動車は自然災害の影響をモロに受けてしまいます。保険で補償されるのか、されないのか、それだけでも知っておきたいところです

A.車両保険に加入していれば、保険金が支払われます。

台風や豪雨、ひょうや大雪、洪水や高潮で車が壊れてしまうことはままあります。特に台風や豪雨による被害は多く、自動車保険が使われています。

なお車両保険には「一般タイプ」「エコノミータイプ」の2つの契約タイプが主流ですが、いずれのタイプであっても同様です。

Q.地震が発生して、万一噴火や津波に巻き込まれたら
車両保険は使える?

A.自然災害のうち、地震に由来する災害には車両保険を使えません。

地震が原因で発生する噴火、津波などは保険金の対象になりません。もちろん地震そのものも同様です。これらの災害が発生すると巨大な損害をもたらす恐れがあるため、保険ではカバーし切れないとされています。

保険でまかなう唯一の方法として「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」があります。これは大手損保を中心に発売されている特約で保険料は5000円(年間)。保険金は上限50万円(被害の状況による)となります。

>>自然災害が原因で交通事故を起こしてしまったらどうなる?