オーガニックコスメって一体何?

美肌に導いてくれるオーガニックコスメ

美肌に導いてくれるオーガニックコスメ

最近ますます美容業界で盛り上がりを見せているオーガニックコスメ。でも、オーガニックコスメって一体何?と思っている方も多いはず。簡単に言えばオーガニックは有機栽培のことで、無農薬・化学肥料を使わないで育てられた植物を主として作ったコスメを「オーガニックコスメ」としています。

ただし、有機栽培かどうかの認定を第三者に受けなければなりません。海外では様々な認証機関があり、それぞれ独自の認証基準を設けています。日本ではオーガニックコスメの認証機関はなく、その基準も曖昧です。

「オーガニック」とうたっていても、ほんの少ししかオーガニック成分が配合されていないものも多く市場には出回っています。極端に言えば、1滴でもオーガニック成分が入っていれば「オーガニックコスメ」と言えてしまう。それが今の日本のオーガニックコスメ市場の現状。ネーミングだけで、すぐに飛びつくのは考えものです。

植物パワーはとてもパワフル!

また、オーガニックコスメは、肌に優しい穏やかな効果のもので、敏感肌の人が使うもの、と勘違いされている方もいらっしゃいませんか? それは大きな間違い! 

人間の体では作り出すことのできない、抗酸化物質を豊富に含んでいる植物を使ったオーガニックコスメは、高いアンチエイジング効果が期待できます。もちろん、極度の敏感肌で、最後に行き着いたのがオーガニックコスメだったという方もいるでしょう。オーガニックコスメの中でも、肌の弱い人でも使えるように設計された優秀なアイテムはたくさんあります。ですが、植物の効果は「優しい」だけではなく、とてもパワフルなのです。最近の傾向としては、もともと強かった「アンチエイジング」を押し出した製品が目白押し。これを試さないのはもったいない!

それからもうひとつ。その季節の状態によって摂れる原料が少しずつ違うのもオーガニックならではの特徴。今年のバラに比べて去年は香りが豊かだった、とはよくある話なんです。潔癖な日本人にはそういった製品のアンバランスさが嫌、という人はいるけれど、自然の摂理を考えたらごく自然のこと。ただ、そういった日本人に合わせ、極力そういったことのないように配慮しているメーカーが増えてきました。しかも、オーガニック植物の原料は高いのが難点ですが、あの手この手でコストダウンを図り、かなりリーズナブルになってきたのも最近の特徴と言えます。オーガニックコスメとうたってはいないけれど……。

オーガニックコスメの定義とは

オーガニックコスメ市場の難しいところは、認証取得の有無、あえて“オーガニック”とうたっていないブランドが多く存在するところにあります。“オーガニック”とはしていないけれど、オーガニックコスメのクオリティとなんら変わりなく、素晴らしい効果を持つブランドはたくさんあります。認証には正直、費用もかかります。あえて認証を取らない、という確固たるこだわりを持つブランドは存在しているのです。“オーガニック”に限らず、野生の植物を取り入れているブランドもあります。こうなるとオーガニックという定義がますます難しくなってしまいますが、“オーガニック”とうたっていないから、選択からはずすのはもったいない。そのブランドの「こだわり」に特に目を向けるようにするといいかもしれません。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。