柔軟運動、下肢鍛錬を念入りに

激しいスポーツは体を痛めやすいので、柔軟をしっかりやることをお勧めします。特に空手は足を開くなど、関節をぎりぎりまで動かすものなので、無理をせず徐々に関節の可動域を広げていけたらいいですね。

ハードな練習に耐えることができるなら、土台である下肢を鍛錬する。ただし無理をすると膝や足首を痛めやすいので注意する。下肢に自信がなければ、まずは空気椅子など静止した形で鍛錬したほうが脚を痛めにくいですよ。スクワットなど動作があるものは関節をゆがめてしまう恐れがあります。

どのような鍛錬でも姿勢に気をつけ、左右前後のバランスをしっかりととりましょう。たとえば、まっすぐ立っているのに右肩が左肩より下がっていたりすると姿勢が崩れてしまい、体のどこかに歪みが出ます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。