どこかの時代にタイムトリップしたかのような雰囲気のお店

 

 季節に合わせた料理

パリ、5区の街並みの一角、レクリエ(L’Ecurie)は佐伯雄三の絵に描かれていそうな店構えの、パリらしい雰囲気のなかで食事を楽しめるレストランです。

Ecurieというのは馬小屋という意味で、店のあちこちに馬にちなんだ意匠が使われています。
室内の席は例えば、ウッディ・アレンの映画「ミッドナイト・イン・パリ」の主人公のようにどこかの時代にタイムトリップしてしまったかも、と思わせるような様子もあって捨てがたいのですが、夏に訪れる機会があるなら、お薦めは外の席です。ただし、パリは夏といえども、夜になると思いのほか涼しくなるので上着は必須です。
 

       L’Ecurieの外観

 

       メニュー

単品での注文ももちろんできますが、menu (17ユーロ、値段は変更されている可能性があります)というコース料理もあり、前菜、メイン、デザートをそれぞれ一つずつ選べばよいようになっています。一皿の分量は比較的多めであることも念頭に置いておいた方がよいでしょう。

料理はものすごく凝っているというよりも、シンプルでおいしいものでした。ここで食べて以来、夏になると家でもまねをして作っているのが、キュウリとゆで卵の前菜です。季節、食材の旬に合わせた、伝統的なおおらかな料理という感じがしました。

ところで、最初にレストランと書きましたが、どちらかというとビストロと呼ぶべきなのかもしれません。気を張っていくような場所というより、仲のいい人たちと連れ立って出かけ、会話と食事を気軽に楽しめるところです。

■L'Ecurie(レクリエ)
住所:2 Rue Laplace 75005 Paris, フランス
電話:+33-1-4633-6849
営業時間:12:00~15:00、19:00~0:30
定休日:日曜日
アクセス:メトロ10番線 カルディナル・ルモワヌ駅

※データは記事公開時点のものです。

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。