香ばしい焦げ目とジューシーな肉汁の絶品「焼き小龍包」

 

 

上海に来たらば是非とも食べてみていただきたいのが、「焼き小龍包 」といわれる「生煎(しぇんじぇん)」です。

「小楊生煎」は、この生煎の有名店で、上海にたくさんの店舗ありますが、どのお店も連日とんでもない行列が出来るほどの人気ぶり。上海の人たちの大好物なんですね。若い女の子もおじさんもみんな美味しそうにほおばっています。

 

 


お店では、ガラス越しに店員さんたちが一心不乱に生煎を包んでいる姿が印象的。筆者も評判を聞きいれて、並んで食してみましたが、絶品とはまさにこのこと!

肉まんの香ばしい焦げ目と、皮のなかのジューシーな肉汁がたまりません。皮の薄さ、肉汁の多さ、焦げ目のカリカリ感と香ばしさはこのお店が一番だと思います。黒酢をたっぷりかけて、あつあつを頂きます。


おすすめは「食べ物の百貨店」にある店舗

いろんな場所にお店がありますが、筆者おすすめの「小楊生煎」は南京東路の第一食品館にあるお店。このビル自体が食べ物の百貨店のようなもので、2階はフードコートになっています。いろんな小吃を一度に食べることが出来るので便利です。いつも大変なにぎわいで、上海を感じられる場所でもあります。

こちらの「小楊生煎」は、中央にある窓口で食券を買って、「小楊生煎」の前に並んで食券と交換するシステム。この窓口での食券購入がわかりづらく、一瞬たじろぐのですが、メニュー表のようなものがあるので、「生煎」を指差せば、なんとかなります。

小楊生煎は、4個で6元です。座って食べたいところですが、人ごみの中、上海人のパワーに押されて席を取るのはなかなか大変。外で食べ歩く覚悟も必要です、笑。

日本ではまだ食べられるところが少ないので、上海で是非!

■小楊生煎
住所:南京東路720号 第一食品商店1階(日本でいうところの2階)奥
電話番号 : 86-21-63222777
営業時間:9:30~20:00頃 
アクセス :人民広場駅から約0.2KM,徒歩 3分

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。