聖マルコを祀るために建てられた大聖堂

 

 サン・マルコ寺院

ベネチアのシンボルとも言えるサン・マルコ寺院は、ベネチアの守護聖人、聖マルコを祀るために9世紀に建てられた大寺院です。ビザンチン様式の建築に、東洋的な丸屋根が加わり、堂々たる威容の中にも独特の美しさがあります。

サン・マルコ寺院は、かのナポレオンが「世界で最も美しい広場」と絶賛したと伝わるサン・マルコ広場の一角にあります。ベネチアを訪れる観光客が必ず訪れるこの広場には、老舗カフェやレストラン、バー、伝統工芸品店などが立ち並んでいます。

正式名はサン・マルコ大聖堂。832年に建てられたこの大寺院は、当時のビザンチン様式で建てられましたが、その後の改修のたびに、その時期の様式(ロマネスク、ゴシック、ルネサンス)が加わっていき、現在の姿となりました。

 

 中央のアーチ

 

 聖人マルコのシンボル

まずアーチ型の5つの入口で、大理石に施された美しい彫刻に注目してください。中央のアーチの上には4頭の馬のブロンズ像があり、その上の青い屋根部分には、ライオンがついています。背中に羽ねがあり、聖書を抱えているこのライオンは、聖人マルコのシンボルなのだそうです。

中に入ると、黄金の壁や天井のまばゆさに驚かされます。必見は、祭壇の後ろにある大衝立の「パラ・ドーロ」。聖人たちの像が、黄金や無数の宝石、七宝によって描かれた祭壇画で、贅を尽くしたその派手さ、美しさには、ただため息が出るばかり。別料金となりますが、せっかくベネチアに来たなら、ぜひご覧になることをお勧めします。

■Piazza San Marco(サン・マルコ寺院)
住所:Piazza San Marco 328,30124 Venice,Italy
電話:+39-041-270-8311
営業時間:9:45~17:00、冬期 9:45~16:00
定休日:日曜、12/25~26、1/1・6の午前、イースター日曜、月曜の午前、その他休業日あり
HP:http://www.basilicasanmarco.it/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。