イギリス人に囲まれて食べる日本食

 

       日本食チェーン「wagamama」

ロンドンのショッピングストリートを歩いていると、時々見かける「wagamama」の看板。「ワガママ」は、イギリス人に一番人気の日本食チェーンのカジュアルレストランです。

店内には日本の社員食堂をイメージしたような長テーブルが並び、メニューもラーメンやどんぶり物、餃子などのお馴染みものばかりですが、味はイギリス人向けにかなり「アレンジ」されているので、日本人客はほとんどいません。
 

 社員食堂をイメージした店内 

 

 ジンジャー・チキンの焼きうどん 

でもここ、「焼うどん」系がとてもおいしいのです。私のおすすめは「ジンジャー・チキン」。日本の焼うどんとは違う味ですが、ダシのきいたベースに、たっぷりの紅ショウガやもやし、ネギ、炒めた鶏肉など具だくさんで、食べ応えが十分。具の種類が多いのに、それぞれ火の通り具合がちょうどよく、「異国で食べるヤキウドン感」はばっちりです。

他の日本食レストランと違い、スタッフのほとんどがイギリス人なのも、立場が逆転した異空間という感じで新鮮。ここで楽しそうにおしゃべりをしながら食事をする現地の人たちに混じってテーブルにつくのは、他の日本食店ではちょっと味わえない、イベント気分の楽しさがあります。

メニューには載っていないのですが、「グリーンティー」を注文すると、無料でお茶を出してくれます。ハーブでアレンジした「トリ・カラアゲ」もおすすめです。

■wagamama
住所:109-125 Brompton road, Knightsbridge, London SW1X 7RJ
電話番号:+44(0)207-201-8000
開店時間:月~水10:00~22:00、木・金10:00~23:00、日10:00~22:00
HP:http://www.wagamama.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。