不動産売却において、昨今多く行われている「買取」について、その仕組みと使い方について解説していきます。

不動産の「買取」とは

不動産の「買取」とは、不動産会社が売り手から不動産を買い取ることです。一般的な不動産の売却は「仲介」という仕組みでの売却です。「仲介」では、依頼を受けた不動産仲介会社が個人の買い手を探してきて売却します。「仲介」における買い手は個人であり、「買取」における買い手は不動産会社です。「買取」をする不動産会社のことを「買取会社」と呼びます。買取会社が買取をする目的は購入後に再販(転売)することです。そのため「再販会社」とか「転売会社」などと呼ばれることもあります。

買取の流れについては、中古車の買取をイメージするとわかりやすいかもしれません。中古車の買取をした会社は、整備をした上で次の買い手に販売をします。不動産の場合も同様で、買取会社は買取後に、リフォームを実施し次の買い手に販売をします。

リノベーション

リノベーションを実施した例

買取会社は、リフォームを行った上で販売をするため、買い取る物件は築年数が20年とか30年とか経過したマンションや一戸建てが多いです。築年数が経過している部屋は、設備の老朽化、内装状態の悪化がありますので、リフォームを行わないと売却することが難しいのです。

気になる買取価格ですが、価格は買取会社が想定しているリフォーム内容や費用、会社の利益を考慮した上で決定されます。

買取会社は複数あることから競合に負けないよう迅速に対応してくれます。そのため、買取価格の提示は早いです。部屋を見た当日に価格を出してくれることもあります。

最近はリノベーションと呼ばれる、間取りや設備を全て取り替えることがトレンドです。リノベーションを実施した中古マンションが多く販売されるようになったのも買取会社が買取をした上で販売しているからです。

買取を利用するメリット

築年数が20年、30年と経過した物件を個人に売却することは簡単ではありません。築年数が経過していてもそのまま利用できる部屋もありますし、所有者が一部リフォームをしながら使っている場合もあります。しかし、古さを感じる部屋を個人の買い手がそのまま使用することには抵抗があるようです。また長いこと空き家にしていて給水管や排水管が傷んでいて使えない場合や、水漏れの原因になっている場合もあります。

そのような場合、買取をしてもらうのは選択肢の一つになります。買取を利用するメリットは、主に以下の3つです。

1.すぐ売ることができる

買取会社は法人ですので多くは現金で決済してくれます。決済までの期間は仲介で個人の買い手に売却するよりも圧倒的に早いです。仲介では次の買い手が見つけた上で売却が完了するまでに早くても3ヶ月程度かかるのに対し、買取の場合は1週間~1ヶ月程度で決済することができます。

2.誰にも知られず売ることができる

誰にも知られることなく売却できるということもメリットです。仲介の売却では、買い手が見るチラシやウェブなどで広告を掲載するため、人の目に触れることになります。もちろん広告で、マンションの号室が表示されることはないですし、一戸建ては住所が全て表示されることもありません。しかし、近くにお住まいの方であれば大体特定できてしまいますので、いくらで売りに出したかがわかります。一方買取では、買取会社がそのまま購入するため、広告を掲載することなく売却することが可能です。

3.引渡し後のリスクが少ない

引渡し後の売り手のリスクとして一番大きなものは「瑕疵担保責任」と呼ばれるものです。瑕疵担保責任とは、引き渡し後の隠れた欠陥に対して売り手が一定期間修復義務を負うというもので、マンションであれば給排水管の故障、一戸建てであればシロアリの被害などです。買取会社は宅地建物取引の資格を有しているプロであるため、個人が売却する際の瑕疵担保責任が免責となるよう法律で定められています。そのため売り渡した後、建物の欠陥でトラブルになることはありません。

このように、早く、誰にも知られず、売却後のリスクを一切負いたく無い場合に買取は適しています。

次のページでは、買取のデメリットと買取に適した物件について説明します。