周囲は四季それぞれ美しい表情を見せる八ヶ岳

 

 

八ヶ岳山麓のリゾート地・清里のシンボル的な存在が「清泉寮」です。ここは、年間を通じて、日本全国から多くの観光客が訪れる人気スポットです。

清泉寮は、「食糧」「信仰」「保健」「青年への希望」を掲げ、実践的なモデル農村コミュニティーを目指して創られ、故ポールラッシュ博士によって創設された「キープ協会」によって運営されています。
 

 

高原の澄み切った空気の中、広大な牧場では牛たちがのんびりと草を食み、背後には四季それぞれに美しい表情を見せる八ヶ岳が、その雄姿を横たえます。

 

 


清泉寮の敷地には、教会、自然ふれあいセンター、レストラン、宿泊施設、パン工房、おみやげものを取り揃えるショップなど、何日滞在しても飽き足らないほどの施設が整っています。

清泉寮と言えば、豊富な酪農製品と、それを使って作られるソフトクリームやミルクなどの乳製品があまりにも有名。なかでも、名物は、ニュージャージーミルクで作られるソフトクリーム。シーズン中は、大行列ができるほどの人気です。

また、珍しいのは天然記念物の「やまね」をテーマにした「やまねミュージアム」。やまねは、ナウマン象と同じくらいの大昔から地球にいた小動物。小さくて可愛い容姿でありながら、絶滅せずに生き残ってきた貴重な生き物で、清里の森林に生息しているのが確認されています。

2009年には、天然温泉施設・清泉の湯がオープン。八ヶ岳に数多く湧き出ている温泉の中でも「美人の湯」といわれるカルシウム・鉄分の多い良質な泉質をもつ掛け流しの名湯です。

宿泊客専用の温泉ですので、新館・本館・コテージと、お好みの宿泊施設に泊まり、ゆったりと高原ライフを過ごすのがおすすめです。

■清泉寮
住所:山梨県北杜市高根町清里3545
電話:0120-88-2099
定休日:無休
アクセス:JR清里駅からバス約10分
HP:http://www.seisenryo.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。