原因は「黄体ホルモン」が多く分泌されること

生理前にニキビができやすくなる理由のひとつに、プロゲステロンと呼ばれる「黄体ホルモン」が多く分泌されることにあります。このホルモンは、生理前に分泌され、皮脂の分泌を増やすので、にきびができやすくなります。また、生理前になるとむくんだり、メンタル的にイライラするのも、このホルモンの仕業。仕事などで睡眠時間を奪われたり、普段よりストレスの多い環境で過ごすと、黄体ホルモンの影響がより強くでるので気を付けてください。


自分のホルモンリズムを把握する

生理前のニキビを少しでも和らげるために、自分のホルモンリズムを把握することは大切です。生理周期は個人差がありますから、基礎体温をつけましょう。基礎体温をつけることで、生理周期に合わせた最適なスキンケアができます。


生理前にニキビができる人とそうでない人の差は?

同じように生理がくるのに、ニキビができない人、逆にニキビが必ずできてしまう人がいます。これは、先にお話した黄体ホルモンの分泌もありますし、体質によるものが大きいですね。ただ、生理前は基本的に肌が弱くなっていることは間違いありませんから、この時期に新しい化粧品に切り替えたり、紫外線を多く浴びる屋外で長時間過ごすことは避けましょう。