漢字検定の受検会場について

個人で受検する方は、全国47都道府県の約180ヶ所に設けられた試験会場で受検できます。(海外でも受検可能です)
申込みの際に、希望する受検地名を選びます。
自宅の住所とは関係なく、どの受検地でも希望することができます。

例えば埼玉県で受検する場合、
さいたま・川口・川越・所沢・深谷・埼玉東部の中からひとつ選びます。
※受検地の詳細は漢検HPの国内受検地一覧を参照ください。
http://www.kanken.or.jp/kanken/personal/interior.html

受検申込をした後、実際に自分がどの会場で受検するかは、検定日の一週間前に届く受検票で確認できます。受検票に会場名と所在地、周辺地図が記載されています。


コンピュータを使った受検について

漢検CBT(Computer Based Testing)というシステムがあります。
全国の漢検CBT公開会場で、コンピュータを使って受検することができ、
合格したら、ペーパーでの検定と同じ資格として認定されます。

受検級: 2級~7級
検定日: 日曜・祝日を除く毎日
受検地: 全国26箇所、及び海外1箇所に設置されたCBT会場
申込方法: 漢検HPの「漢検CBT」ページから申込み
http://www.kanken.or.jp/kanken/cbt/

年3回のぺーパー受検だと、受検日に狙いを定めてスケジュールを調整し、勉強の準備をする必要があります。
CBTだと検定日を限定せずに、今日から1週間~50日後の検定日について申込みが可能なので、自分の学習ペースに合わせ、都合のよい日程を選んで受検できます。

年3回のペーパー受検、いつでもOKのコンピュータ受検、自分に合った方法で、漢検にトライしてみてはいかがでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。