もうすぐ春!なのに、うれしくない……

Q

キレイな花が咲き誇る春なのにうれしくない……

少しずつ春の訪れが感じられるようなると、気分もなんだか明るくなるものです。でも、花粉症の私。個人的には、あまり喜ばしくなく……。プラス、季節の変わり目は肌も揺らぎがち。特に、冬から春の気温の変化に体がついていけないのか、春先の肌は毎年悪化をたどる一方。

私のように、花粉症や季節の変わり目に肌が揺らぐなどの症状で、悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

一般的に言われる「敏感肌」とは、肌を守る機能が低下してしまい様々な刺激を受けやすくなり、肌荒れやかぶれを起こしてしまう状態のこと。

敏感肌の人の皮膚は、角質の水分保持能力、つまり水分をとどめておく力が少ないのが特徴です。そのため皮脂膜、(皮膚の表面にある皮膚を守ってくれる脂の膜のようなもの)が不足してしまい、外からの刺激に対して、とても弱くなってしまっているのです。

症状としては、赤みや湿疹などといった目に見える炎症だけでなく、ピリピリ、チクチクといった感覚的なものまで、人によって様々。


あなたの症状はどれ?気になる敏感肌の種類

アレルギー性敏感肌
特定のアレルギーに対して体が免疫反応を起こします。遺伝的なものもあるのが特徴的。症状としては、強いかゆみや湿疹、炎症など。

接触性敏感肌
洋服のタグや下着、貴金属に動物や植物等がふれることによってアレルギーを起こします。良く聞く金属アレルギーも、このタイプに入ります。敏感になっている時は、髪の毛がふれるだけでもチクチク、かゆみを感じたりもします。

体調の変化による敏感肌
風邪や胃腸不良、睡眠不足、生理前や妊娠、ストレスなど様々な体調の変化によってバリア機能が弱まり、敏感になってしまうこと。ホルモンバランスの乱れによる影響が強いのがこのタイプの特徴。ただし、体調を改善すれば症状は楽になります。

環境の変化による敏感肌
日光、花粉、季節の変わり目などの季節、環境の変化によっておこるもの。近年では、エアコンやパソコンなど電子機器類の過剰使用などの影響によって敏感になることもあります。

さまざまな原因が混合している敏感肌
アトピー性皮膚炎がこのタイプに属するのですが、これと言ってはっきりした原因がわからず、複数の要因が複雑に絡んで引き起こされる症状。人によっても原因が異なり厄介です。このような場合は、自己判断せず皮膚科の診断を仰ぐことをオススメします。

また、敏感肌というほどではないのだけれど、「化粧品を使って1度でも肌が荒れた」というような、いわゆる「自称敏感肌」の人も、最近増えつつあるそうです。


次のページでは、「敏感肌」の原因を紹介します。