免疫を強化するエキナセア

冬は風邪やインフルエンザが流行る時期。毎年1月に入ると急激にインフルエンザが流行りだします。マスク着用、手洗い、うがい、十分な睡眠などの対策は万全ですか? そんな対策のひとつに取り入れたいのがエキナセアのハーブティー。
エキナセア

エキナセア

北アメリカ原産のエキナセア。アメリカ先住民の薬として活用されてきた長い歴史のあるハーブです。蛇や狂犬に噛まれてしまった時の治療薬、歯痛、のどの痛みなどに効果があると使われてきました。今日では、免疫に働きかけるハーブとして盛んに利用されています。

ハーブティーとして利用するのは、主として根部と地上部です。市販されているものには、根や茎、葉などが配合されたものもあります。

エキナセアには免疫強化の働きが期待できるほか、花粉症などのアレルギーに対しても有効だと考えられているため、1年を通していろいろと役立つハーブです。

■エキナセア
科名:キク科
学名:
  • Echinacea purpurea
  • Echinacea angustifolia
  • Echinacea pallida
これら3種類が代表的です。

ハーブティーとしての使用部位:主として根(Echinacea purpureaは、葉、茎など地上部も含む)

主な作用:免疫強化、抗炎症作用、抗アレルギー、発汗など、免疫力を高めるだけでなく、発症した症状に対しても、症状を和らげる働きをすると考えられています。
エキナセアはキク科の多年草で、かわいいピンク系の花を咲かせます

エキナセアはキク科の多年草で、かわいいピンク系の花を咲かせます


次のページでは、エキナセアティーの入れ方をご紹介します。