撮影、視覚効果は『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』?


脚本賞はオリジナル脚本に与えられる賞で、こちらの本命は『ムーンライズ・キングダム』か『ゼロ・ダーク・サーティ』。全く性質の違う映画で、比べられないんですけど……。勢いのある『ゼロ・ダーク・サーティ』が一歩リードかな。

『ムーンライズ・キングダム』

ライバル『ゼロ・ダーク・サーティ』を撃破できるか『ムーンライズ・キングダム』


脚色賞は原作ありき。原作の世界観を映画としてどう見せるか、どう生かすかがポイントで『アルゴ』『リンカーン』『世界に一つのプレイブック』が映画賞レースでは勝利しています。リンカーンの名言が散りばめられた『リンカーン』か、社会派エンタティメントとして魅了した『アルゴ』か。

外国映画賞は、ほぼ『愛、アムール』に決まりですね。
『愛、アムール』

外国映画賞と作品賞W候補になった『愛、アムール』



撮影、視覚効果などの技術部門で有力と思われるのは、『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』。3Dでこそ見るべき映画で、見たことのない映像体験ができる映画に仕上げています。アン・リー監督の演出力もあるでしょうが、この映画は技術部門を席巻しそうです。

『ライフ・オブ・パイ』

『ライフ・オブ・パイ』の3D映像の美しさと臨場感は素晴らしい!



また故・石岡瑛子氏が遺作となった『白雪姫と鏡の女王』で衣装デザイン賞の候補に。石岡氏は『ドラキュラ』で受賞経験あり。彼女にしか創れない芸術的な美しい衣装の数々には目を奪われました。ぜひ受賞してほしい!


【番外編】第85回アカデミー賞授賞式情報

2月24日(現地時間)に開催されるアカデミー賞授賞式。今年もWOWOWで生放送されます(2月25日・午前9時より)。
授賞式のホストはスマッシュヒットとなった映画『テッド』の監督、セス・マクファーレンが担当。中年テディベアのテッドと主演のマーク・ウォールバーグが授賞式に登場する予定です。下品な発言ばかりしているぬいぐるみのテッドが授賞式をかきまわしてくれそう。

『レ・ミゼラブル』

ヒューやアンの熱唱が授賞式で聴けるかも!


またアデルが映画『007 スカイフォール』の主題歌を熱唱したり、『レ・ミゼラブル』のキャストの熱唱パフォーマンスも噂されるなど、受賞結果だけでなく、ショーの部分でも大いに楽しませてくれるのがアカデミー賞の授賞式!
映画界最大のお祭りを大いに楽しみましょう。


『アルゴ』(公開中)
(C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
『リンカーン』(2013年4月19日公開)
© 2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION and DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC
『ゼロ・ダーク・サーティ』(2013年2月15日公開)
Jonathan Olley(c)2012 CTMG. All rights reserved.
『ハッシュ・パピー バスタブ島の少女』(2013年4月公開)
© 2012 Cinereach Productions, LLC. All rights reserved
『愛、アムール』(2013年3月9日公開)
(c)2012 Les Films du Losange - X Filme Creative Pool - Wega Film - France 3 Cinema - Ard Degeto - Bayerisher Rundfunk - Westdeutscher Rundfunk
『ムーンライズ・キングダム』(2013年2月8日公開)
(c) 2012 MOONRISE LLC. All Rights Reserved.
『レ・ミゼラブル』(公開中)
(C)UniversalPictures
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』(2013年1月25日公開)
(c)2012 Twentieth Century Fox
『ザ・マスター』(2013年3月22日公開)
(C)MMXII by Western Film Company LLC.
『世界でひとつのプレイブック』(2013年2月22日公開)
© 2012 SLPTWC Films, LLC. All Rights Reserved.






※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。