海外旅行保険に加入した経緯

中国・北京へ長期出張中の折に、クレジットカード自動付帯の海外旅行保険を活用。

海外旅行保険に入っていて良かったと思うエピソード

北京は日本と比べかなり乾燥していて、しかも空気が悪い。そして冬は最高気温(最低気温ではありません)がマイナスです。そんなわけで、来たばかりの多くの日本人がのどをやられます。友人から警告されてはいたのですが、まさか自分がなるとは思っていませんでした……。

最初の冬は問題なかったものの、2回目の冬の長期出張時にせきが止まらず、風邪ともどうも違う、拠所なく渡航後、3ヵ月間有効の保険の助けを借りました。

結果、病院までのタクシー代から薬代まで合計1万5000円ほどを、全額海外旅行保険でガードできました。お医者の先生によれば「肺炎の一歩手前でしたね」とのこと。今考えると保険様様な経験でした。

これから海外旅行保険に加入しようと考えている人へアドバイス等

海外旅行保険というのは、カテゴリーとしては、以下3つあります。
  1. クレジットカードに付帯したごく簡単なもの
  2. その種の保険を(カードの年会費等により)より充実させたもの
  3. 海外旅行保険として商材となっている手厚いもの

思うに、「1」さえないというのは致命的です。せめて「1」、余裕があれば「3」、状況に応じて「2」という感じでしょうか。

状況に応じて、というのは、「2」はそれなり充実していて、しかも掛け金がカードの年会費で済むという利点があるものの、そのカードを使って飛行機のチケットを買わないとダメ、等の制限があるためです。

中国の場合は、飛行機のチケット購入でクレジットカードの制限等(サイトによっては時に決算ができない)があるため、「1」か「3」かもしれません。

投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。