広い広いブラジル。どこをどうやって周るべき?

1

日本発ブラジル行きの便ははサンパウロ着が一般的です。ブラジルの玄関口、サンパウロの国際空港グアリューリョス空港(Aeroporto de Guarulhos)
 

みなさんは、日本からブラジルにたどり着くまでに、いったいどのくらいの時間が必要だと思いますか? ブラジルは日本から見て地球の裏側。飛行機の乗り換えを経て、約24時間はかかります。韓国やハワイと違い、気軽に行ける場所とは言いがたいですよね。 せっかく時間とお金をかけて行って1都市の観光で終わるのはもったいない! でも、日本の約23倍の国土を誇るブラジル。限られた時間の中で、何を見て、何をして、どう周るべきか……。 これは大問題です!


ガイドがお勧めするスポット

ブラジルに行ってきたと胸を張って帰国報告していただくために、ガイドがブラジル国内を旅行した経験やブラジル人の推薦を元に厳選しました。
・ビーチ、サッカー、カーニバルを網羅できる都市 リオデジャネイロ
・ダイナミックな自然を体感 イグアスの滝、パンタナウ
・ブラジルの歴史、文化を知る 古都 オウロプレット、サウヴァドール
・日本からの移民の歴史と大都会を感じる、サンパウロ

アマゾンも押さえておくべきという方もいらっしゃると思いますが、今回は敢えて取り上げませんでした。 アマゾンは移動が大変な場所も多く、アマゾンのみをじっくり周る旅行がよいと思います。


旅行期間、交通手段は?

2

長距離バスは途中休憩があります。車外に出る時は、出発時間とバスの番号を確認しましょう

日本との往復時間を考えると、ブラジル旅行には最低でも10日間は欲しいところです。今回は、期間を約2週間と見積もり紹介しています。また移動手段ですが、時間的な余裕がある場合のお勧めは高速バスです。安全面やチケット購入方法など、最初は不安に思うこともあるかもしれませんが、慣れれば便利な手段です。 ブラジルは都市間を結ぶ長距離バス路線網が充実しており、交通費も飛行機に比べて安価です。夜行バスを使えば移動時間を有効に使えます。バスと航空券の価格差ですが、1ヶ月先の同時間帯で比較すると、飛行機の半額以下で購入できるバスチケットもあります。ただし、座席スペースがゆったりしたタイプのバスを使う便もあり、その場合は料金も高めになりますので、航空券との価格差は縮まります。 また航空券は、出発日間近になると価格が高騰します。先ほどと同じ路線、時間帯を明後日の出発で比較すると、飛行機はバスの約10倍の価格にも! ただし、飛行機は移動時間が短く、体の負担も少ないというメリットがあります。時間に余裕のない旅程で効率よく旅したい場合は、航空機の利用が断然お勧めです。

>> 次のページでは、カーニバルで有名なリオデジャネイロを紹介します