小学3年生の子どもがいる主婦です。私が実践している教育資金の貯め方です。

教育資金の貯め方

1.まず、子ども名義の口座を作ります
このとき下ろしてしまいそうな方は、郵便局で口座を作り、カードは作らない。もしくはカードは封を開けず、子どもが大きくなって自分で口座を管理できるようになるまで保管しておく。郵便局は通帳で入金できます。

2.出産・七五三・入園入学祝い、お年玉、多めにいただいたお小遣い、医療費控除等の市税の還付金は全てこの口座に入金します。

3.更に毎月の児童手当(我が家の場合、6歳まで児童手当が5000円だったため)+2万円を積み立てています。
現在は3歳まで1万3000円、それ以降は1万円ですから、月々の積立額は5000円~1万円でもよいと思います。

4.100万円貯めたら(この金額になると別の目的で下ろすことがなくなる)ネット銀行の金利の良い定期に移していきます。
今でしたら香川銀行のセルフうどん支店トッピング金利定期(0.5%)や新生銀行1~5年定期(最大0.5%)などがよいでしょう。使う予定が決まっているので、あくまでも元本保証のある預金にしましょう。

一応、このまま中学3年まで児童手当が1万円支給されれば、このペースで中学3年までに500万円くらい、ちょうど大学の学費分が貯まります。

現在は公立高校実質無償化ですが、それが廃止されても中学3年生までに教育資金を貯めてしまえば、高校は貯蓄に回していた分を学費に充てることで、月々の予算内に収めることができます。

12年間とにかくコツコツ、子どもにいただいたお金はなかったものとして貯金する。これが一番貯まるのではないでしょうか?

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。