辛口のフランスの人々を唸らせる人気ホテル「オテル・デュ・ボワ」

 

 

 

 

 

 

見どころ満載のパリ周辺、ホテル選びに迷ってしまいます。そんな人に自信を持っておすすめしたいのが、凱旋門からほど近い「Hotel du Bois(オテル・デュ・ボワ)」です。

パリ16区、ビクトル・ユーゴー通りに面する3つ星クラスのプチホテルで、凱旋門とシャンゼリゼ通りへは歩いて5分、エッフェル塔まで散歩がてらに歩いても20分足らずです。周辺は高級住宅地区なので治安も比較的良く、古い建造物を見て歩くのも楽しいです。

部屋の内装は赤色を基調として、かわいらしい印象です。近代的な設備ではありませんが、隅々まで手入れされていてこざっぱりとした清潔感があります。

特筆すべきは、コンチネンタルタイプの朝食ビュッフェ(ひとり15ユーロ)です。クロワッサンなどのパンや新鮮な生ハム、種類豊富なチーズやドライイチジクなど、目移りするほどの豪華さです。また、お皿やカップ、テーブルセッティングに至るまで細心の心配りがなされているため、朝食だということを忘れて、ついつい長居したくなるほどの居心地の良さです。

このホテルは外国人観光客よりも、国内旅行者に根強い人気があります。辛口のフランスの人々を唸らせるのも納得できます。


■Hotel du Bois(オテル・デュ・ボワ)
住所:11 Rue du Dome | Angle 29 Avenue Victor Hugo, 75116 Paris, France
TEL:01-45003196 
料金:129ユーロ~(クラッシックルーム)
アクセス:地下鉄「Victor Hugo」から450m
備考:客室数39、チェックイン13:00 / チェッアウト12:00
ホームページ:オテル・デュ・ボワ

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。