将来に向けて

薬局に勤務する薬剤師は、所属する会社が運営する他の店舗を移動しながら、いろいろな診療科について勉強していくというのが一般的です。

キャリアプランとしては店舗の管理薬剤師として経験を積んでゆく道と、店舗から離れて会社全体の運営を管理するマネージャーとして経営に関わってゆくケースがあります。

他にも臨床の現場で働きたいとの思いを強くし、病院へ転職する者もいます。

また、家業が薬局のものも少なからずいて、数年で実家を継ぐために退職したり、新たに薬局を開設し独立を果たす薬剤師もいます。会社によっては、独立支援制度を設けているところもあり、薬局の開業が念頭にあるならそういった会社への就職を検討してみるのもいいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。