美しい音楽と美声に涙する

謎の美声に惹かれる女優クリスティーヌへの恋人の葛藤が、そして後半はファントム(怪人)の悲劇が、美しいメロデイーとともに華やかに、そして感動的に繰り広げられます。

ストーリーにのめりこんでしまうのはもちろん、その美しい音楽と美声に、最後はきっと涙してしまうことでしょう。

DVDではなく、最初はぜひミュージカルで体験してください。劇場は電通四季劇場で見られます。

他には、気軽に見られる作品として、「ライオンキング」「美女と野獣」「キャッツ」などもおすすめです。ストーリー、音楽とも感動的で、これらどの作品も私は涙してしまいました。そしてミュージカルの虜になりました。

好きな作品は何回でも劇場で見たくなります。何回見ても感動できるのが、ミュージカルの素晴らしいところです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。