暖めるとブルーの文字が浮かび上がる不思議なインク

 

 

友人と半分に小分けしましたので手持ちのインクボトルは精油瓶ですが、商品自体は「エルバン インビジブルインク」というものです。インクをガラスペンなどに付けて書きます。60度以上で青く浮き出て、冷めるとまた透明に戻ります。

果汁のあぶり出しだと、まれに黄色い色が付いてしまってバレバレな時がありますが、これはせいぜい筆圧の高い人のガラスペンのひっかき痕が残る程度です。かなり分かりにくいです。

undefined

 

それに温度も低いので、白熱電球やドライヤーなどの熱でも十分変色します。ちっとも浮き出ないよ! とか、ごめん燃えちゃった! ということも少ないです。

小さい頃から数えて3回ほど「あぶりだし年賀状」を書いたことがありますが、これは一番確実でちょっと驚かれます。よろしければぜひ。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。