無地の手帳の表紙を貼り、裏面補強

 

 

マスキングテープが好きで、見かけてはちょくちょく集めています。最近は柄も豊富で、いろいろほしくなってしまいますね。

さて、デザインもさることながら、テープの幅にもいくつか種類があります。今回は、「買ったはいいが、ちょっと使いにくい?」といったテープの活用法です。

わたしはMUJIの手帳を買って、自分なりに表紙を作ったりして楽しんでいます。来年の手帳に、幅の広いマスキングテープを貼り付けてみました。幅が広いからたくさん貼らなくてもいいし、べったり平面に貼ることで、テープのデザインも活かせたのでは……。

undefined

 

そして、テープを貼った表紙裏にもちょこっとひと手間かけましょう。ここで活躍するのは、細いマスキングテープ。表紙シールの折り返しも隠せるし、補強にもなって一石二鳥!

マスキングテープの粘着力はそんなに強くないかと思いますので、ちょっと失敗しても紙を傷めずにやり直すことができます。新しいオリジナル手帳と一緒に、楽しい新年を迎えましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。