ノロウイルス

小型球形ウイルスで、RNAを遺伝子に持ち、多くの遺伝子のタイプを持つこと、培養細胞やマウスなどの実験動物で増やすことができないことから、なかなか診断が難しいウイルスです。1968年にアメリカのオハイオ州ノーウォークという町の小学校で集団発生し、胃腸炎の子どもの便からウイルスが発見されたので、最初は「ノーウォークウイルス」と呼ばれていました。2002年から国際ウイルス学会で、「ノロウイルス」と命名されました。

ノロウイルス感染による症状

吐き気

吐き気や嘔吐の症状が強い胃腸炎です

ノロウイルスに感染すると、主に胃腸炎になります。
  • 嘔吐、吐き気
  • 腹痛
  • 下痢
  • 微熱程度の発熱
などです。この胃腸炎症状は、1~2日ほど続きます。

感染してから発症するまでの期間である潜伏期間は24~48時間です。ただし、無症状、咳や鼻水といった風邪のような症状も時にあります。

感染力は強く、体内へ侵入するウイルス量が少なくても発症すると言われています。

外来で診ていますと、発熱なく、急に嘔吐を繰り返して受診する子どもが多いです。

ノロウイルス胃腸炎の検査

正確な診断のためには、患者の便や吐物から、電子顕微鏡、遺伝子を増幅させるPCR法でウイルスそのもの、ウイルスの遺伝子を検出して診断します。しかし、この検査は、どこでもできる検査ではありません。そこで、自然に排出された便で、簡易検査を使ってノロウイルス検査することができます。感度と言って、ウイルスがいて検査が陽性になる率は約80%なので、感染者でも10人に2人は検査で陰性になってしまいます。この検査は、3歳未満と65歳以上でしか、保険で検査することを認められておりません。

ノロウイルス胃腸炎の原因

食中毒の原因として、ノロウイルスは最も多く、原因食材が不明であることが多いのですが、次に、二枚貝があります。ただし、しっかりと加熱したら心配ありません。

ノロウイルス感染者の便や吐物には多くのノロウイルスが含まれていますので、その便や吐物から2次感染を起こします。ヒトからヒトへ近くにいることで直接感染したり、特に吐物が乾燥することで飛散する飛沫感染などがあります。

次のページでノロウイルスの治療と予防について説明します。