「鵞口瘡(がこうそう)・口腔カンジダ症」とは?

鵞口瘡イメージ画像

ミルクのカスのような白い苔状のものが見られたら、鵞口瘡の可能性があります

鵞口瘡(がこうそう)とは、口の中にカンジダという真菌であるカビが繁殖すること。この鵞口瘡は、赤ちゃんに多く見られます。普通にしていればうつる病気ではありませんが、お母さんの乳首が不潔だったり、不衛生なガーゼで口の中を拭いたりしても感染することがあります。鵞口瘡・カンジダ症の症状や原因、治療、予防法について解説します。

鵞口瘡・口腔カンジダ症の症状……口内に痛みが出ることも

鵞口瘡・口腔カンジダ症になると、白苔のような白い塊が口内の粘膜に付着します。見た目はミルクのカスのような感じで、こすっても取れません。主に、口の内側にある頬の粘膜や歯肉、舌などに白苔が付きます。時に食欲が落ちたり、口の痛みが出ることもありますが、無症状のことが多い病気です。乳幼児の口の痛みはなかなか判りにくいですが、機嫌の悪さが1つのサインになることもあります。

鵞口瘡・口腔カンジダ症の原因……なぜ口内にカビ?

口の中は、常在菌と言う細菌と唾液や粘液などの環境で、本来はカビが繁殖しにくいものです。しかし、この環境が下記で示すような原因で崩れると、鵞口瘡になりやすくなります。
  • 外傷
  • 体力低下
  • 生まれつきの場合と、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染による免疫不全
  • 重症な感染症
  • ステロイド薬や免疫抑制薬の内服
  • 長期に抗菌薬を使用
  • 抗がん剤などの治療中
  • 栄養状態が悪い
  • 低出生体重児、早産児、乳児
  • 消毒が不十分な人工乳首、おしゃぶり、おもちゃ
  • 母親にカンジダ膣炎がある場合
カンジダ膣炎の症状や原因については、「カンジダ膣炎・膣カンジダ症の症状・原因を医師が解説」をあわせてご覧下さい。

鵞口瘡・口腔カンジダ症の治療法……乳児も大人も自然治癒が多い?

乳児の場合は、自然治癒することが多いです。免疫力が回復すれば、子どもや大人でも自然に治りますが、口内のカンジダが食道などにも拡がらないように、抗真菌薬で治療することもあります。

ピオクタニンブルー液という液体を塗ったり、ミコナゾールという抗真菌薬のゲル経口を塗布します。ピオクタニンブルーは名前の通り青い液体で衣服に付くと取れにくいので、注意してください。また、鵞口瘡になる原因には免疫低下を起こす病気が多いため、免疫低下に対して治療や予防をすることもあります。

鵞口瘡・口腔カンジダ症の予防法……子供が使うものは清潔に!

やはり、予防が大事。ここでは主に乳幼児での注意点を示します。自然治癒が多いといえども、口の中は常に清潔にしておきたいものです。乳児や子どもが口にするものは清潔にしておきましょう。

  • 母乳であれば、乳首を清潔に保つ
  • 人工乳首は、消毒する
  • おしゃぶりや気に入っているおもちゃを清潔にする
  • 口を拭くタオルはこまめに洗濯する
  • 哺乳瓶やスプーン、食器などは熱湯消毒などの消毒をする
  • 乳幼児は手や足を口に持っていくので、手足を清潔する

上記のような対策を立てておけば、鵞口瘡になりにくいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。