2012年お薦めのプリンタ・複合機ベスト5を紹介していこう。

5位 エプソン「Colorio EP-905F」

5位はエプソンの「Colorio EP-905F」だ。2012年のColorioシリーズは圧倒的な小型化が魅力となったが、このモデルはその最新シリーズの最上位モデルとなる。
エプソンの「Colorio EP-905F」

エプソンの「Colorio EP-905F」


EP-905Fの魅力はなんといっても“ほぼ全部入り”であることだろう。6色染料インクを採用し、写真印刷の画質は圧倒的に高い。有線LAN・無線LANにも対応しているので、家の中のどこにでも設置できる。

プリンタ・スキャナ・コピー機能だけでなく、ファクス機能も搭載しているのはColorioシリーズで本機だけだ。スキャナやファクス機能で利用できる、用紙を20枚まで搭載可能なADF(自動給紙装置)も備えている。

売れ筋モデルのEP-805Aほどではないものの、コンパクトデザインなのも魅力だ。2011年モデルの「EP-904F」に機能同等の自動両面印刷ユニットを装着したサイズに比べて約40%もの小型化を実現した。前面2段給紙を採用しており、壁際にぴったりと寄せることができるのもうれしい。

2012年モデルは従来からの前面2段給紙に加えて、背面からの1枚手差し給紙もできるようになった。厚手の用紙など、前面給紙トレイに入れにくい紙でも手軽に印刷することができる。2012年のキヤノン「PIXUS」シリーズが前面2段給紙対応して背面トレイをなくしたのに対し、一歩進んだ機能といえる。

スマートフォンやタブレットから直接印刷することも可能で、電話以外何でも入っていて便利なモデルだが、ちょっとコストパフォーマンスが悪いのが難点。機能的には1位にしてもいいぐらいだが、そのような理由で5位となった。