今年も年賀状シーズンが近づいてきました。それにあわせて各社より新型プリンター、複合機が登場しています。2013年モデルで、コンパクトサイズながら、A3プリントを実現し、注目を集めたインクジェット複合機「PRIVIO NEOシリーズにも新モデルが登場しました。写真画質を向上したという「PRIVIO NEO DCP-J4220N」をチェックしていきましょう。
製品写真

ブラザー「PRIVIO NEO DCP-J4220N」


A3対応のNEOシリーズとして非常にお買い得

「DCP-J4220N」はA3プリントに対応したインクジェット複合機PRIVIO NEOシリーズの一台。本体カラーはブラックとホワイトを用意しています。2014年モデルとしては、上位機として「MFC-J4720N」が登場しているが、違いはNFC機能やFAX機能の搭載など。印刷画質や印刷スピードなど、プリンターとしての機能は共通です。このため、FAXが不要なら、よりお得な「DCP-J4220N」が選択できます。

製品写真

本体前面の用紙トレイ。A4用紙などは横向きに入れる仕様

まずは本体を見てみましょう。本体サイズは幅480×奥行き345×高さ188mmで、質量は約10.4kgです。本体前面に用紙トレイを配置しており、AA用紙とはがきなどを同時にセットすることができます。

 
製品写真

本体背面にある多目的トレイ。A3用紙などはこちらに

また、便利なのが背面からの給紙にも対応していること。分厚い用紙や、A3用紙などは、背面からセット可能。最大80枚までの用紙を装着できます。

スキャナーやコピー機能としては、本体上面にADF(自動原稿送り装置)を搭載。「PRIVIO NEO DCP-J4220N」に搭載された新しいADFでは、はがきなどを連続10枚読み取ることができます。