ビジネスシーンで利用するプリンターといえば、やはりレーザーです。インクジェットプリンタとは比べものにならないランニングコストの安さと、印刷速度の速さなど多くのメリットがあります。そこでキヤノンのコンパクトジェットプリンター「LBP6040」を紹介しましょう。
製品写真

キヤノン「Satera LBP6040」


コンパクトサイズで省スペースに設置可能

まずは本体サイズサイズから。幅364×高さ249×奥行き199mmで、一般的なプリンターと比べてもコンパクトです。ただし、使用時は前面カバー開けて、給紙トレイに用紙を装着する必要があるため、前方にはあと15cmほどスペースが必要だ。

製品写真

ワイヤレススイッチなどは本体上面に配置している

製品写真

背面にUSB接続のための端子を搭載


実際にためしてみて「LBP6040」が便利だなと思ったのが、すべてフロントオペレーションとなっていること。印刷を実行したら、本体上部のカバーを前面にオープンすることで、印刷済み原稿が受けられます。また、1、2枚程度ならカバーを開けることなく、隙間から排出できるのも便利です。

製品写真

フロントカバーを開けて給紙する仕組み。


続いて使い勝手をチェックします