辛いものが苦手な人も安心! 辛くないタイ料理

多くの人が「タイ料理=辛い」というイメージを持っていると思いますが、そもそも辛くないタイ料理もありますし、自分で唐辛子や唐辛子入りのナンプラーで味付けをしない限り辛くない料理もたくさんあります。

ここでは、辛い料理が苦手な人や子どもでも食べられそうな辛くないタイ料理をご紹介。料理自体は辛くなくても、つけだれが辛い料理は除いています。

パッタイ(麺)

パッタイ,undefined辛くないタイ料理

パッタイをうす焼き卵で包んだもの。パッタイの味付けは少し甘めなので子どもにも人気のある一品

タイの焼きそば。米麺をエビなどの具材と一緒に炒めたもので、まったく辛さはありません。日本人の口にあうタイ料理とも言われています。

カオパット(飯)

タイのチャーハン。こちらも唐辛子を入れて調理することはまずないので全く辛くありません。

トートマンクン

エビのすり身揚げ。日本のさつま揚げに近い食感と味です。あまり辛味のないスイートチリソースを付けて食べますが、少し唐辛子が入っているので気になる人はソースなしでそのまま食べたほうが良いでしょう。

 

クイッティアオとバミー(麺)

バミー

バミーという小麦粉と卵でできた麺なら日本のラーメンとほとんど同じ味なので子どもも食べやすい

米粉から出来ている「クイッティアオ」と、小麦粉と卵から出来ている「バミー」。スープが透明のものであれば唐辛子やクセの強い調味料は入っておらず、辛くありません。自分で唐辛子、お酢、砂糖、ナンプラーを入れて味付けます。

 

ゲンジューサライムーサップ

ゲンジュー

もしかするとタイ料理で1番あっさり味の一品かも。とにかく辛いのが苦手な人はこれを頼めば安心

海苔とひき肉のスープ。スープ類は唐辛子やハーブが入っているものが多い中、これはまったくクセがなく日本のすまし汁に近いあっさり感。これなら離乳食が終わったばかりの乳幼児でも飲めるほど優しい味です。

 

クン(プー)オップウンセン

クンオップウンセン

店によって味付けは異なるが、シンプルな料理だけにどこで食べても安定した美味しさ

エビ(クン)またはカニ(プー)の春雨蒸し。エビやカニの旨味を蒸すことで春雨に染み込ませた料理。モーオップという専用の鍋を使って蒸します。春雨にエビ(カニ)の美味しさがしっかり染み込むので春雨と言えどもかなり食べ応えのある一品。

カノムパンナークン

エビのすり身のせ揚げトースト。一口サイズに切った食パンの上にエビのすり身をのせて油で揚げたタイの前菜です。ビールのつまみとしても最適。

 

ホイトート

ホイトート

パッと見はシーフードのお好み焼きのよう。レストランだけでなく屋台でもよく売られている

牡蠣のお好み焼きのような料理。かりっとした生地の香ばしさとプリプリした牡蠣の食感が楽しめます。ケチャップのような甘いタレを付けて食べます。タレも辛くありません。

カオトム(飯)

タイのおかゆ。揚げにんにくの風味がきいている場合もあるので、にんにくが苦手でなければ薄味で子どもでも食べやすい料理です。

 

カオマンガイトート

カオマンガイ

これは茹でた鶏と揚げた鶏の2種類ご飯にのせたもの

揚げ鶏のせご飯。鶏を茹でたスープで炊いたご飯にカリカリに揚げた鶏肉をのせたワンプレートご飯。唐揚げをのせたご飯というイメージに近いかもしれません。スイートチリソースをつけながら食べても美味しいです。

ちなみにこの料理の原型でもあるカオマンガイ(蒸した鶏肉のせご飯)も辛くはありませんが、つけだれが辛い場合が多いので、辛い料理が苦手な人はこちらを注文したほうが良いでしょう。

 

ガイヤーン&カウニャウ

ガイヤーン

タイでも一般的で人気のある料理ではあるが、レストランよりもイサーン(東北)料理の屋台や食堂でよく売られている

鶏肉の炭火焼ともち米。イサーン(東北)地方の代表的な料理です。鶏肉を調味料に漬け込みじっくりと時間をかけて炭火で焼いているので芳香な味と香りが楽しめます。一緒にもち米と食べるのが一般的。付け合せのソースを付けて食べられますが、ガイヤーン自体に味がしっかり染み込んでいるので、ソースなしでも美味しくいただけます。

カイチアオ・ムーサップ

豚ひき肉入りの卵焼き。卵焼きと言ってもかなり多めの油の中に溶き卵を入れて焼くため、卵揚げという表現の方が近いかもしれません。油は使いますが高温で素早く調理されているのでサクサクでふわふわの食感が楽しむことができます。ケチャップのような甘いタレをつけていただきます。

 

○○トートカティアム

プーニム

これはプーニム・トートカティアム。プーニムはソフトシェルのこと。個人的にはトートカティアム料理はプーニムが一番好き

○○のにんにく揚げ。○○は食材の名前が入ります。エビ(クン)、カニ(プー)などのシーフード以外にも鶏肉(ガイ)、スペアリブ(シークロム)などが食材としてよく使われます。にんにく風味の効いた揚げ物といったところです。

他にも辛くないタイ料理はいくつかありますが、比較的どのレストランや食堂でも見つけやすい「代表的な辛くないタイ料理」を紹介しました。これで辛い料理が苦手、という人でも安心してタイでグルメが堪能できますね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。