高金利ネット定期の目安は0.25%~0.5%

定期預金の金利水準は、現在のどれくらいかというと……都市銀行や地方銀行の一般的な定期預金は、1年定期で0.025%程度。これに対し、キャンペーン金利なども含めた高金利のインターネット定期預金は、0.25~0.5%となっています。

この冬のボーナス平均額は、約72万円とのこと(日本経済新聞社調べ)。そこで今回は50万円でも預けられるネット定期を中心に紹介します。

では、キャンペーン金利から。(金利はすべて2012年12月18日現在)

冬ボーナス向けのキャンペーン金利

ネット定期金利

2012年12月18日現在。各銀行のサイトをもとにガイドが作成。


キャンペーン金利の中でもっとも高いのは、静岡銀行インターネット支店のプレミアム金利。1年定期で0.45%、3年定期は0.5%。キャンペーン期間中であっても募集額の1000億円に達したら終了予定です。

一方、ソニー銀行と住信SBIネット銀行は、少し低めの0.26%~0.3%。そのかわりソニー銀行では、キャンペーン期間中に口座を開設し、判定日(2013年2月28日)に円預金が30万円以上なら、もれなく現金1000円のプレゼントも。住信SBIネット銀行では、やはり口座開設し10万円以上の円定期預金を預けると、もれなく現金1500円のプレゼントが。通常よりも高いキャンペーン金利とはいえ、もっと金利の高いネット定期もある中でのサービスです。

さて、地方銀行のインターネット支店を中心に、通常から高い金利のネット定期を提供しているところがあります。次に、通常金利の高いネット定期を紹介します。

通常金利の高いネット定期

ネット定期の金利

2012年12月18日現在。各銀行のサイトをもとにガイドが作成。香川銀行セルフうどん支店の1年定期は超金利トッピング定期、愛媛銀行四国八十八カ所支店の1年定期は100万円だんだん定期、トマト銀行ももたろう支店の1年定期はスペシャルきびだんご定期の金利。


というわけで、最初にも紹介した通り、今シーズンの高金利ネット定期の目安は0.25%~0.5%。参考までに、実際どの程度の利息をもらえるか計算してみました。

ネット定期金利

利息は税引き前。


これまで利用したことのない銀行に口座を開く場合は、入出金の方法と手数料を確認することが大事です。ネット銀行やネット支店への入金はATMを利用するのが一般的。入出金の際のATM手数料が無料で、手間ひまかけずにお金を動かせるかどうかがポイント。受け取る利息も事前に計算した上で判断しましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。