大正から続く親しみのある美味しさ

 

 

創業大正15年。函館でも指折りの歴史がある菓子店です。
基本は和菓子やお餅ですが、ショーケースの半分は洋菓子。
イカスミ入りケーキなど、函館らしい商品もそろっています。

場所は函館の2大繁華街、大門と五稜郭を結ぶ高砂通り沿い。函館市を含む道南近郊の菓子店8店舗が加盟する「函館スイーツの会」の会員でもあります。創業86年を迎える現在は、2代目が暖簾を守っています。

看板商品は、4日間手間暇かけて作る「はこだて大納言」。羊羹風のなめらかな小豆あんと中に入ったぎゅうひ、表にまぶしたザラメのカリカリした食感が絶妙で、甘さも上品。1カ月ほど日持ちするため贈答用にもおすすめです。

他は季節感溢れる「上生菓子」は1個170円、素朴で懐かしい「みそぱん」(210円)も、根強いファンが多いとか。ケーキは洗練された味ではありませんが、子供からおじいちゃんおばあちゃんまで皆で食べられるような親しみある味です。

■菓子処 龍栄堂
住所:北海道函館市上新川町6‐7
電話番号:0138-45‐1872
営業時間:9:00~19:00(日曜は18:00まで、水曜定休) 
URL:hakodate-sweet.com/shop/shop007.html

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。