ちょっとしたアレンジで、節分がポップでキュートなパーティーに!

全体



 

節分と言えば豆まき

マステ

CDケースをマスキングテープで飾り付けました

「節分」と言えば「鬼は外、福は内」の掛け声と共に大豆をまくことが一般的なならわしですね! では「福豆(煎り大豆)」が手に入らない外国に住んでいる日本人は節分を楽しむことはできないでしょうか? いいえ、外国に住んでいる日本人は日本の行事を外国風にアレンジしてお祝いすることだってあるのです。私の場合は、福豆を「ジェリービーンズ」で、枡を透明の「CDケース」で代用しました。

 

ジェリービーンズはハッピービーンズ!

アメリカ生まれのカラフルなジェリービーンズは豆の形をしたキャンディーです。子供と一緒に節分パーティーを楽しむなら、アルミ箔でジェリービーンズと大豆を2~3粒包んでからまくと良いでしょう。お菓子に埃がつかず衛生的な上、豆まき後の掃除がずいぶんと楽になりますよ。


節分パーティーのアクティビティーは豆の回収ゲーム

お題

どんなお題が当たるかな?


さらに、ジェリービーンズと一緒に子供向けの楽しいお題が書かれたメモを包んでおけば、誰が一番早く豆を回収できるか?という楽しいゲームにもなります。

メモには「今年はいくつ豆を食べるかみんなに教えて!」「お母さんに目隠しをしてだ~れだ?と言ってみて!」などのお題を書いておくと良いでしょう。

今年は少し趣向を変えて、子供達と一緒に「節分パーティー」を楽しんでみてくださいね。

その他の節分を楽しむアイデアはこちらから >>>



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。