地元の人から愛される美味しさ 「中華料理 春園」

 

 

福島県喜多方市と言えばやはり「喜多方ラーメン」。太く縮れた麺がこの地域で愛されています。喜多方を旅行する人たちは一日に何杯もラーメンを食すとか。そんな中、隠れた名店を見つけました。たくさんのラーメン店の中、老舗にはないオシャレ感で若者の心をつかむお店。深夜まで営業しているので地元にもたくさんの常連さんがいるんです!

喜多方ラーメンをどこで食すか迷っていたときに見つけたお店。老舗のお店はお昼時を過ぎているのにすごい行列で、さすがに観光に疲れた私にとって並んでまで食べる気力も体力もなくなっていました。そんな時に地元の人に教えていただいたのがこの「中華料理春園」というお店。入り組んだ道のところにあるのでちょっと見つけにくいかもしれません。こちらはどうやら特製のニンニク油がスープの上に漂っているらしく食べた人の中でもハマるということが多いみたいですね。
 

 

シンプルに醤油ラーメンと餃子を注文しましたが、まずチャーシューの厚さにビックリしました。そして程よく焼き色がついた餃子。この二つの香が食欲をそそります。ニンニク油がスープの上に乗っているためコクがあります。でもニンニク臭いわけでもないし油っぽいわけでもない。今まで何ヶ所かで食べてきましたが、いつもの喜多方ラーメンとはちょっと違う感じがしました。

食べ終わる頃に20代くらいの若い男女のお客さんがいらっしゃいましたが、モツ炒め? を注文していたんですよね。生ビールと一緒に。どうせならわたしも食べる前にしっかりとメニューを見てから注文すべきだったとちょっとだけ残念でした。

店内は黒を基調としたモダンな雰囲気になっていて、老舗ラーメン店とは違った雰囲気の中でラーメンを食べられます。しばらく喜多方ラーメンを食べるときにはこのお店にしようと思っています。

■中華料理 春園(しゅんえん)
住所:福島県喜多方市小田付道下7192
電話:0241-23-2665
営業時間:昼 11:00~15:00、夜 20:00~02:00
アクセス:JR磐越西線喜多方駅 徒歩15分

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。