戊辰戦争で激しい攻防戦が繰り広げられた舞台

 

 

鶴が城は、2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で、しばしば登場福島県会津若松市のシンボルとなっている城です。大河ドラマの主人公、新島八重は、この城の中を鉄砲をもって走りまわったのです。

明治維新によって徳川幕府が政権を失った直後の、戊辰戦争では約1ヶ月にわたって激しい攻防戦が繰り広げられました。最後の城主、松平容保は難攻不落の名城に籠城し、圧倒的な勢力をもつ新政府軍と互角にわたりあったのです。新政府軍の夥しい数の砲弾を浴びながら落城することはありませんでした。新政府軍の降伏勧告に松平容保が応じたことによって、明治維新の近代化が加速し、時代の大きな節目となりました。

戊辰戦争で傷ついた天守閣は、明治7年に取り壊されましたが、昭和40年に再建されました。天守閣の内部は郷土博物館となっており、幕末から明治新にかけての激動の歴史を肌で感じることができます。
 

 

 

 

また敷地内には無数のサクラが植樹され、お花見の名所となっています。

■鶴ヶ城
住所:福島県会津若松市追手町1-1
電話番号:0242-27-4005
料金:大人 400円、小中学生 150円
営業時間:8:30~17:00(入場は16:30まで)
定休日:無休
アクセス:www.tsurugajo.com/access/access.html
HP:www.tsurugajo.com/turugajo/shiro-top.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。