全て趣きが異なった14の温泉!館内だけで湯めぐりを

 

 

大河ドラマ「八重の桜」で盛り上がっている会津!
そんな会津からバスで20分ほどの場所にある東山温泉は会津藩主ゆかりの温泉街。「新滝」は姉妹館もあわせ14の温泉があり、館内だけで湯めぐりができます。

会津藩主をはじめ、新撰組の土方歳三や竹久夢二、与謝野晶子など、江戸、明治、大正、昭和と常に多くの著名人に愛されてきた東山温泉。カルシウムナトリウム硫化塩泉のお湯はクセがなく、痛みなどを和らげる効果があるといわれています。

歴史のある温泉街の為、東山には数多くの名旅館がありますが「くつろぎ宿新滝」も竹久夢二が何度も訪れていたという老舗。館内には夢二の作品が見学できる無料のギャラリーもありますが、くつろぎ宿の自慢といえばなんといっても温泉のバリエーション! 歩いて7分の姉妹館「千代滝」とあわせると浴室は14種類。広さ、景観、雰囲気など全て趣きが異なった温泉を心ゆくまで堪能できます。

なかでもおすすめは会津のお殿さまゆかりの「千年の湯」。2人入ればギュウギュウ……というほど、小さな岩風呂が2つですが、歴代の藩主が利用していた御殿湯!昔ながらの風情を残す為、浴室にシャワーなどはありませんが、岩盤の下からコンコンとお湯が溢れ、温泉力を感じることができます。千年の湯は50分1000円で貸切りにできるので、一人占めして楽しんでみてくださいね。

■くつろぎ宿 新滝
住所:福島県会津若松市東山町湯本寺屋敷43
電話:0242-26-0001
アクセス:JR 「会津若松駅」からまちなか周遊バスで約35分
HP:www.kutsurogijuku.jp/index.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。