老舗味噌屋主催 会津味噌手作り教室

 

 

 

 

 

 

日本人の食文化に欠かせないお味噌。一杯のお味噌汁は栄養価が高く、味噌をはじめとする発酵食品は体に良いと再び注目を浴びています。味噌専門店やスーパーマーケットで味噌は手軽に手に入りますが、一から自分で作る味噌は、格別な味わいです。

会津坂下町にある創業大正14年の老舗の味噌屋「目黒麹店」では毎年10月から6月中旬にかけて、手作り味噌教室が開催されています。会津では昔から味噌作りが盛んな土地です。「会津味噌」は会津を代表する名産品のひとつでもあります。

味噌に使う米は会津産、大豆はもちろん国産と用意される材料は品質も折り紙つき。大豆をつぶしたものに麹、塩を混ぜ合わせ練り込みます。材料がシンプルなだけに、味噌は、その塩加減や温度、練り方で仕上がりに違いが出てくるといわれます。

樽に詰めて数キロの重さにもなる味噌の仕込みはここまでで、自宅に持ち帰り、冷暗所で半年ほど寝かせます。カビの気になる梅雨時を乗り越え、秋風が肌に触れる頃、手作り味噌の完成です。どきどきしながらフタをあけると、漆黒色の味噌がちゃんと出来上がっています。出来立ての味噌は風味豊かでまろやかな口当たり。樽から小分けにして知り合いにおすそ分けするのも楽しみのひとつです。

■目黒麹店
URL:http://www.kaujiya.com/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。