宿坊に泊まって朝の読経と法話体験

 

 

 

 

 

 

南会津にある宿坊(お寺の宿泊所)に泊まって、住職さんと一緒に朝の読経と法話を体験してみませんか。

お寺に隣接する宿坊に泊まり、住職さんとお話できること、朝のお勤めで一緒に読経をすること、住職さんの法話を聞くこと、めったにできない体験ができることがお勧めのポイントです。

また、こちらは宿坊と言っても「ペンション風」という通り、お部屋はツインを基本とした洋室(個室)です。残念ながら温泉はついていませんが、車で数分のところに温泉浴場あり、宿の中にも大、小の「ひのき」のお風呂があります。木の香りのする落ち着くお風呂です。

朝の読経や法話は7時から、強制ではありません。でもせっかくなのでぜひ早起きして体験してください。

この宿坊は住職さんと奥様(坊守)で営んでおり、奥様の手作り季節のお野菜を使った山菜料理がおいしいです!夜は天ぷらやお刺身、朝はおかゆ。近くに清水が湧きだしており、それで入れたコーヒーも絶品。

手作り感満載のこじんまりしたお部屋にはテレビはありません。この辺は携帯電話の電波も「圏外」です。何もすることのない夜は、談話室にある本を手に取ってみましょう。特に数々の「仏教マンガ」の読破をお勧めします。翌朝の法話の納得度が違ってきます。

ここに来たら、いつもの忙しい時を忘れて、の~んびりするしかありません。


■ペンション風宿坊「柿の坊」
http://www3.plala.or.jp/kakinobo/top.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。