7時半から暖簾を下げている喜多方ラーメンの店

 

 

朝、洗面所で髪の毛を洗う「朝シャン」。同様に朝、食べるラーメンのことやら、食べる人のことを「朝ラー」と言うことを喜多方に行って知りました。市内に120軒ほどの「喜多方ラーメン」を出す店がある激戦区で、札幌、博多と並ぶ三大ラーメンに数える人もいます。実際、道沿いには「喜多方ラーメン」の上りが目立ちます。醤油ベースに太目の平打ち麺のチャーシュー、メンマ、ネギが喜多方ラーメンの基本です。

「まこと食堂」は7時半から暖簾を下げている朝ラー店でしかも、喜多方ラーメンが全国区となったキッカケの店です。本当に朝にラーメンを食べる朝ラーがいるのか確認に行きましたが、三人ほどいまして、四人目がわたくしでした。テーブル席と座敷が二部屋ありますが、常連はテーブル席上がって直ぐの帳場です。朝早いので、15時には店仕舞いします。

地元の数人に参考まで聞いたところ地元の人気店はリーズナブルなチェーン店の「幸楽苑」でした。喜多方市内に2軒ありました。創業は隣町の会津若松ですから、決して間の抜けた話ではありません。

蕎麦にはできてもラーメンにできない残念なところは、ハシゴです。蕎麦のハシゴはできても、ラーメンのハシゴはしづらいですね。小丼でハシゴのできるシステムができればいいのにと常々思っています。ちなみに喜多方の隣り駅、山都の蕎麦のすずやかでハシゴができます。

■まこと食堂
住所:福島県喜多方市字小田付道下7116
電話番号:0241-22-0232
営業時間:7:30~15:00
定休日:月曜
HP:www.kitakata-kanko.jp/meal/ramen.php(喜多方観光協会)

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。