自宅で簡単にインドネシア料理が再現できる!

インドネシア料理の素

インドネシア料理の素

日本でアジア料理というと中国はもちろんですが、タイ料理が主流でインドネシア料理屋さんはというのは、そう多くはないんですよね。

バリで食べて、この味を日本へ帰って家庭で再現したい! と思ってもなかなか食材が揃わないときに、インドネシアの素を購入するのがおすすめです。しかも1袋Rp.5000(50円未満)しないので、大量買いもできちゃいます。

写真の左、インドフード社のソトアヤム(チキンスープ)、この素さえあれば、水と鶏肉(お好みで卵やパプリカ)さえあれば完成です。写真右、アヤム・ゴレン(鶏の唐揚げ)をこの粉にまぶせば、本格的なインドネシア料理ができます。この素のほかにも、インドネシア料理の筆頭「ナシ・ゴレン」(炒飯)や「ルンダン」(牛肉の煮込み)など、種類も豊富です。

ぜひ、ご自宅でインドネシア料理にチャレンジしてみてください!

■インドネシア料理の素
・販売先:
ハイパーマート(モル・バリ・ギャラリア内)、ビンタン・スーパー、デルタ・デワタやビンタン・スーパーなど

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。