子どもにも片付けやすいケース収納で

トレイ収納で衣類の整理

大人はA4やB4サイズのプラケース。子どもの小さな衣類はB5サイズといった使い分け

衣類は、ハンガーに掛けて収納するのが簡単です。ただし収納スペースが必要になるので、すべてを掛けておくわけにはいかないというのが実情です。実は収納量という点では、掛けるよりもたたんだほうがたくさんしまうことができます。また、下着やソックスなど細かい衣類は、たたむ収納向きです。

たたんだ衣類をしまうには、引き出し式のケースを使うといいのですが、棚収納でも対応できます。その際には、棚に衣類を直置きするのではなく、プラケースを使うのがおススメ。しまえる量は少し減りますが、ケースごと出し入れできるので断然片付けやすくなります。特に子どもの場合は、引き出しが重たくて引き出せないとか面倒くさいといったこともあり、プラケース収納のほうがやりやすいことも。ケースごとに半袖や長袖といった種類別に入れ分けて整理しておくといいでしょう。

収納グッズが100円で買えるとなると、気が大きくなって余分に買ったり、これなら片付きそうといった曖昧な気持ちで選んでしまいがち。たとえ100円であっても、使えるかどうかを迷ったら潔く出直すことも必要です。求めている用途とサイズと個数を想定して上手に購入しましょう。ときにはグッズの力を借りて、片付け気分を盛り上げてみるのも素敵な手です。

整理収納ビギナーさんも100円商品で、しっかりビフォーアフターしていますよ。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。