パーソナルカラー診断は占いのようなもの?

パーソナルカラー診断は占いのようなもの?

流行も楽しみたいけれど、似合わないと素敵に見えない……ファッションを試行錯誤するうちに、自分に似合うファッションやスタイルを手に入れたいという欲求は高まってくるものです。パーソナルカラー診断は、似合う色やイメージコントロールのポイントを指南するメソッドですが、誤解もあるようです。そこで今回は、パーソナルカラー診断に関するQ&Aをお届けします!

 

【CONTENTS】
Page1:パーソナルカラー診断とは、占いのようなもの?
Page2:何度かパーソナルカラー診断を受けたことがあるが、診断結果が違うことがある
Page3:芸能人のファッションやメイクは参考になるの?
Page4:何年か前にパーソナルカラー診断を受けて診断結果に納得していたが、似合わなくなってきているように感じる
Page5:好きな色と似合う色が違うので、パーソナルカラー診断の結果を受け入れがたい

Q1 パーソナルカラー診断とは、占いのようなもの?

パーソナルカラー診断は、タイプの判定をし、タイプ別に傾向と対策を指南することから、占いのようなものと思われることもあります。主に、肌や瞳など身体の色との調和を判定をしますが、表情や仕草などから受ける印象も考慮して、イメージコントロールのポイントをアドバイスします。パーソナライズされたアドバイスを提供すればするほど、曖昧さが生じるため、占いのような印象を与えるのかもしれません。

■パーソナルカラーの診断記事について
パーソナルカラー診断には、肌の色、瞳の色など、似合う色の傾向を見極めるポイントがいくつかあります。下記の記事は、見極めるポイントについてAかBかという選択肢を用意し、回答していただくと、診断結果にたどり着くようにしています。
下記の記事のように、チェックシートの形式にすることもあります。 診断結果として4つの基本タイプをご紹介しています。自己診断、簡易診断とはいえ、診断結果が2つでは物足りない感じがしますし、6つ、8つに細分化していくと複雑になります。4つのタイプに分類する方法が、一般的に普及しています。

■カラードレープを使ったパーソナルカラー診断
対面でパーソナルカラー診断を行なうときは、100色を超えるカラードレープを当てて、お顔映りのよい色を探します。肌や瞳の色など、似合う色の傾向を見極めるポイントがありますので、熟練したカラーコンサルタントにとって、カラードレープを当てるのは、確認作業のようなものです。

パーソナルカラーは、「赤が似合います」「青が似合います」という考え方ではなく、「赤だったらこんな赤が似合います」「青だったらこんな青が似合います」というように、より細やかに色の違いを見ていきます。カラードレープを当てるのは、色によって肌の色の見え方が違うことを体験していただき、パーソナルカラーならではの色の見分け方のコツを説明することが目的です。?

次のページでは、Q2 何度かパーソナルカラー診断を受けたことがあるが、診断結果が違うことがあるについて、回答します!