ドイツ旅行の際に、水着を持参することをおすすめします!

温泉施設

温泉施設

ドイツには有名な温泉地が多く、人気のあるクアハウスやスパなどの温泉施設がたくさんあります。現地で水着を探すのは難しいので、必ず日本から水着を持っていくことをおすすめします。

ドイツに旅行に行くと、温泉施設の広告をあちこちで目にしますし、標準的なホテルにはバスタブがついていないところが多いので、観光で歩きまわって疲れてくると「温かい温泉につかりたいな」という気分にさせられます。

ドイツの温泉は、お湯の温度が低めなのでプール感覚で何時間でも入っていられますし、大きな施設ではエステやマッサージを利用したり、併設のレストランで水着のまま食事をしたりと長時間楽しめ、1日で旅の疲れを癒してくれます。

なので、使う予定がなくても念のため、ドイツには水着を持っていくことをお勧めします。

現地で探そうとしても、体の大きなドイツ人向けの製品は、まずサイズが合いませんし、丈が長すぎたり、えりぐりが深すぎたり、生地が薄くて着心地が頼りなかったりと、現地で気にいった水着を見つけるのは至難の業なのです。

水着はほとんど荷物にならないですし、ホテルのサウナやプールなどを利用したくなることもあるので、ドイツ旅行には冬でも水着を忘れないようにしています。

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。