結婚式の費用は、一時に多額の支払いとなる。こんな時にブライダルローンを利用すると安心かも

結婚式の費用は、一時に多額の支払いとなる。こんな時にブライダルローンを利用すると安心かも

結婚式、披露宴、新婚旅行、新居、家具家電製品……。結婚のタイミングで必要になるお金は高額になり、その支払い時期も一時に集中するもの。手元に現金が少なくなることもあるでしょう。

そんな時に利用したいのが「ブライダルローン」。その種類や選び方を確認していきましょう。

 

結婚式にかかるお金は343万円!

「ゼクシィ結婚トレンド調査2012」によると、挙式や披露宴にかかった費用の平均は343万円だったとか。この結婚式費用以外にも、新婚旅行や新居にかかるお金など高額な出費が重なります。結婚に向けてお金を貯めていても、手持ちの現金が少なくなると不安になるもの。

そんな時に利用を検討したいのが「ブライダルローン」です。ブライダルローンとは、金融機関が結婚にかかるお金に対して融資するもの。使用目的を問われない一般のローンよりは低金利なものが主流になっています。このブライダルローン、利用する時にはどのように選べばいいのでしょうか?

連携型、直接振り込み型、貸付型の3種類

ブライダルローンは、大きく分けて以下の3つに分類できます。
  1. 連携型
  2. 直接振り込み型
  3. 貸付型

1)連携型

結婚式会場と連携して利用できるローン。申込みは会場経由となる。お金も直接会場に支払われる。クレジットカードで支払って、何回かに分けて返済するというイメージ。

2)直接振り込み型

借入金が金融機関から直接振り込まれるもの。結婚式会場や旅行会社(新婚旅行)、不動産会社(新居の敷金など)へ振り込まれる。

3)貸付型
一般のキャッシングやローンと同様、お金が自分の口座に振り込まれる。このタイプでもお金の使い道は細かく審査され、見積書や領収書などが必要になることが多い。用途も細かく決まっており、結納金などには利用できないものがほとんど。

このように、同じブライダルローンでも借り方やお金の使い道が変わってきます。では、どのような点に注意をしてローンを選べばいいのでしょうか? 次のページでご紹介します。