赤ちゃんの時から必要? それとも?

赤ちゃん

子供部屋、どうする?

赤ちゃんを迎えるプレママやプレパパは、いつから子供部屋を用意したらいいのかと、悩む方もいるでしょう。お住まいの住宅事情もあるでしょうから、最初から独立した子供部屋を用意……というわけにはいかないおうちも多いかも知れません。しかし、まずは子供用のコーナーを用意するなど、成長にあわせて少しずつ子供用のスペースや部屋の準備をしてあげるといいですね。

赤ちゃんのお世話には、おむつや着替え、母乳ケアのグッズ、調乳用のグッズ、綿棒やヘアブラシなどお風呂あがりのグルーミング用品など、細かいものがたくさんあります。赤ちゃん用品はまとめて、さっと取り出しやすく収納しておくと、お世話もしやすくなります。

防災の面からも、子供部屋がある方が安心

リビングには、テレビがあったり、背の高いタンスが置いてあるお宅も多いと思います。震災時には、倒れたり、落ちたり、大きな揺れだと、重い家具が飛んできたりなど、危険なものが少なくありません。

子供部屋の空間は、家具の上に積み重ねたり、あまりものを置かずに、すっきりとした配置を心がけましょう。ベビーベッドの周りに倒れてくる、落ちてくるようなものを置かないようにしましょう。それが、いざというときに、赤ちゃんを守ることにもつながります。

幼児期には、子供スペースを確保

着替えやおもちゃなど、子供のものを決まったスペースに、わかりやすく収納してあげることは、子供の自主的な片づけを促します。自分のものと家族共有のものという区別も、わかりやすくなります。

片づけやすいからと言って、子供が自主的に片づけられるようになるわけではありません。何を片づける箱なのかを、写真を貼ったり、ラベルを貼ったり、わかりやすくする工夫も大切です。ママやパパが、声をかけながら一緒に片づけ、子供ができたらほめてあげましょう。


>> 子供が作った作品を飾るスペースを作ろう