拡張性抜群、無印良品の「スタッキングシェルフ」

あ

オープン型追加セットなどを組み合わせることで、窓を囲うようにシェルフを配置することも可能


おもちゃや学用品など、子どもの成長とともに変わっていく所有物。そのたびに新たな家具を足したり捨てたりするのは、労力がかかります。また、引越しや模様替えで家具の配置を変えると、その置き場に悩むこともしばしば。

もっとフレキシブルに変えられるシェルフがあれば……とお悩みの方におすすめなのが、無印良品の「スタッキングシェルフ」シリーズ。背面オープンタイプの棚で、2~3段、5段×2~3列の組み合わせを基本として、引き出しやボックス、ストッパーなどさまざまなオプションが用意されています。片側がオープンになっている「オープン型追加セット」を組み合わせれば、壁面テレビボードとしても使いやすそう。工夫次第でいろんな使い方ができそうです。

組み合わせはシュミレーションサイトでも確認可能。正方形が組み合わさったタイプのほか、横長の「ワイド」シリーズもあります。また、シェルフやオープン型追加セットは、オーク材とウォールナット材の2種類ラインナップされています。


【商品データ】
無印良品 スタッキングシェルフ
価格:1万2000~4万9000円(スタッキングシェルフ)、そのほか各種オプションあり
問い合わせ:無印良品
購入はこちらから


>> 使わない時には折りたためる?! 不思議な木製シェルフ